健やかな未来のために、自分のカラダをチェックしましょう。

マンモバス検診事業 (企業・団体検診)

自治体・企業・団体の乳がん検査に伺います。
マンモグラフィと超音波装置を搭載しており、両機器を併用した乳がん検診を実現しております。

乳がん死ゼロを目指して

「乳がんによる生命と乳房喪失をゼロに!」を目指して、自治体・企業・団体の乳がん検診に伺います。 医療法人宮崎博愛会では、マンモグラフィと超音波装置を搭載したバスにより、両機器を併用した乳がん検診を実現しております。

マンモバスの必要性

乳がんは増えている

乳がんは、日本人女性がかかるがんの中で罹患率が最も高く、年々増加しています。年間9万人以上が新たに乳がんにかかると言われており、生涯で乳がんにかかる日本人女性の割合は、9人に1人となっています。

乳がん団体検診の現状

欧米などでは検診受診率の向上と治療の進展も重なって、死亡率は減少傾向にあります。一方で日本の乳がん検診受診率は先進国の中でも低いレベルに位置し、死亡率は増加傾向にあります。このような中、受診率向上を目指す自治体や企業から乳がん検診車の需要は高まっています。

マンモバス乳がん検診受託について

【検診内容】
マンモグラフィ(乳房X線検査)乳房超音波検査 乳頭分泌検査
【検診者数】
30名以上の団体様
【検診日程】
検診日程は別途相談要
【検診費用】
団体検診のため、価格はリーズナブルに別途設定しております。

企業・団体検診のお問い合わせ

【電話受付対応時間】
平 日 9:00~17:30

0985-28-9616


検診事業部マンモバス担当


企業・団体検診のご予約



個人検診

「乳がん検診」と「婦人科検診」。
自費診療ですが、市町村自治体検診との組み合わせも可能です。

個人検診のご予約



ページの先頭へ