リボンズハウスは、さがら病院宮崎の4Fにあり、がん患者さんの「治療」と「生活」をつなぐ、具体的な情報とケア体験を提供する場所です。多くの専門家の手によるプログラムを通して、患者さんがより自分らしく少しでも快適な生活を送れるようサポートしていきます。また、地域に開かれたスペースとして多くの人々が情報を共有し、支え合いを実践できる場になることを目的としています。

患者さんの「治療」と「生活」をつなぐ場所

患者さんのより自分らしく、快適な生活のために病気に対する情報やケア体験を提供します。

「患者さん」と「患者さん」をつなぐ場所

患者さん同士の交流を支援し、具体的な体験情報の交換、相互支援の場所を提供します。

「患者さん」と「医療者」をつなぐ場所

医療相談員をはじめ病院スタッフと連携し、診察室では言いにくいこと、どうしてよいか分からない漠然とした不安に対応します。

展示・販売スペース


手術や化学療法などを受けられる患者さんが、治療中に少しでも快適に過ごすことができるように、ウィッグやスキンケア用品、術後の補正、ケア帽子などの展示・販売スペースがあります。
また、ピンクリボン関連商品、ネイルケア用品も取り扱っております。



サポートプログラム


関係メーカーや県内の医療サロンと連携し、ウィッグ・補正下着・ケアメイク・スキンケアのサポートプログラムを実施しています。他にも、ボランティアスタッフによるストレッチ教室などのプログラムを実施しています。詳しくは、リボンズハウスイベントカレンダーをご覧ください。

ボディケアストレッチ(毎月開催)

当院の患者さんでもあるフィットネスインストラクターの方を講師に招いて、椅子に座ったままで行えるストレッチ教室を開催しております。乳がん患者さんを対象に、筋肉を伸ばしたり、リンパの流れを良くするための無理のない運動を行っております。

おしゃべりカフェ(毎月開催)

お茶を飲みながら、治療に関すること・お金に関すること・家族のこと、それぞれの悩みや不安、自分の体験を語り合う場所です。がん体験者や看護師・ソーシャルワーカーも参加しています。

おしごトーク(年4回開催)

外部講師を招いて、治療と就労の両立支援を行っております。
治療と仕事の両立で抱える色々な不安を整理して、自分らしい働き方を考えてみませんか?

小物作り教室(不定期)

夏には、風通しの良いケア帽子などを作っています。キットはこちらでご用意しておりますので、手ぶらでご参加いただけます。また、ご希望の方はキットや型紙をお持ち帰りいただくことも可能です。(材料費のみご負担をお願いいたします。)

現在、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、入院患者さんのみを対象としております。

ウィッグリボンプロジェクト


2018年7月にスタートしたウィッグリボンプロジェクトとは、不要なウィッグをお持ちの方に無償で提供していただき、購入困難な患者さんへ無償で貸し出す取り組みです。2021年7月までに58個のウィッグが提供され、28名の患者さんとレンタル契約を結びました。レンタル希望の方は、ウィッグの洗浄費用のみご負担をお願いしております。これらの取り組みは、株式会社アデランスの協力及び支援にて実現しました。
治療を乗り越える頑張りを応援するために、不要になったウィッグがありましたらぜひご連絡ください。

お問い合わせ

さがら病院宮崎 4F リボンズハウス
TEL:0985-31-1305
受付時間 月~金曜 10:00~16:00
定休日 土曜・日曜・祝日


リボンズハウスfacebookページ



ページの先頭へ